トラブル防止で快適住宅~予防や対策でhappy Life~

fix

キッチンの定期メンテ

つまりが起こる前に定期的にメンテナンスしましょう

man

キッチンや浴室、洗面台の排水溝は水はけが悪い状態にしておくと、突然のつまりトラブルに慌てることがあります。キッチンでは、生ごみや油分が排水管の内側に付着することで起こることがあります。浴室では、湯垢や髪の毛により、つまりが発生します。酷い状態になる前に定期的なメンテナンスを心掛けましょう。排水管をつまらせると専門の業者へ依頼するのに数千円から数万円の費用が掛かります。排水管をつまらせないためには、定期的にパイプ洗浄剤を流すとよいでしょう。粉末や液体のものがあり、定期的に流すことでつまりを未然に防ぎ、悪臭も抑えてくれます。キッチンでは古い天ぷら油を排水口に流さず油処理剤を使用したり、生ごみなどの固形物は三角コーナーの生ごみ入れへ捨てましょう。

状況が酷い場合には専門の業者へ依頼するとよいでしょう

浴室や洗面台の髪の毛によるつまりは厄介なものが多いため、事前に対策を行いましょう。排水口で髪の毛を集める便利グッズを利用すると、未然につまりを防ぐことができます。しかし、気を付けていてもつまってしまった場合には、水の圧力を使ってゴミを押し出します。吸引カップはその代表的な器具です。まずは、つまっている洗面台に水をはり、吸引カップを内部へ空気を送り込むように押し込みます。そして吸引カップを引き上げる際に内部につまったゴミがずれて、排水するようになります。状況により内部の汚水が逆流することがあるので、回復しない場合には専門の業者へ依頼するとよいでしょう。水圧により解消しない場合には、スプリングのようなワイヤーを差し込み、押し出したり引っかけたりして取り除きます。技術が必要になるため無理のない対応をしましょう。

Copyright © 2015 トラブル防止で快適住宅~予防や対策でhappy Life~ All Rights Reserved.